スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性活躍推進法が成立しました。御社は何からはじめますか?

女性活躍推進法が成立しました。

従業員301人以上の企業には具体的な推進対策の提出が必要です。
御社は、どのような対策を考えていらっしゃいますか?

ある企業では、
  各事業所に本社の担当者が訪問し、女性従業員に対して、
  「女性活躍推進法が成立したこと」
  「会社として、何らかの対策をする必要があること」を説明し、

  どのような対策を会社に期待しているのか、
  生の声を聞かせてほしいと伝え、ヒアリングを行う

ということを積極的に実施しているそうです。

女性活躍推進法は、マタハラ防止にもつながる大切な取り組みです。

早急に対策を作る必要に迫られた結果、
担当者の思い込みが先行し、的外れな対策になってしまうケースが
往々にして見受けられます。

本当に必要な対策を策定するために、
まずは女性従業員の声を聞くことから始めてみてはいかがでしょうか?

【参考】厚生労働省「女性活躍推進法特集ページ」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html
スポンサーサイト

女性活躍推進法案が成立


「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律
案」(女性活躍推進法案)が成立しました。

これにより、国や地方公共団体、労働者が301人以上
の民間事業者は、以下の事項を実施する必要が生じ
ました。(労働者が300人以下の民間事業主について
は努力義務)

◎女性の活躍に関する状況の把握、改善すべき事情
  についての分析

◎上記の状況把握・分析を踏まえ、女性活躍の推進に
  向けた定量的目標や取り組みなどを内容とする
  「事業主行動計画」の策定・公表
 (取組実施・目標達成は努力義務)

◎女性の活躍に関する情報の公表

詳細はこちらをご覧ください。

▼内閣男女共同参画局
http://www.gender.go.jp/about_danjo/law/index.html#law_brilliant_woman

▼女性活躍推進法特集ページ(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091025.html

新年あけましておめでとうございます

本年も皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。昨年は研修
だけでなく多くの相談対応にも関わり、日常の職場での対
話の重要性を改めて実感した年となりました。

また研修も一回で終わるということではなく継続して行っ
ていくことが未然の防止につながり劇的ではないとしても
風土の変化に繋がっていくと感じています。

2014年も皆様の職場がいきいきと働きやすく前進する職場
となるように、私どもも尽力してまいりたいと思っていま
す。

講師養成セミナーを終えて

「ハラスメント防止講師養成セミナー」3月コースが
終了しました。皆様、最終日は素晴らしいデモ研修を
してくださり、私も大変嬉しくデモ研修を拝見いたし
ました。

単に「ハラスメント防止」について研修ができるよう
になる、だけでなく、
議論を通して
「なぜ私はハラスメント防止を重要だと考えるのか」
「これはダメ、あれはダメではない伝え方とは何か」
「相手にどのように伝わっているか」
「自分自身の個性をどう活かすか」
自己理解が深まったというお声を多くいただきました。

次回は6月コースで実施を予定しています。
皆様と学びあえる次回を楽しみにしています。

東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を心より祈念申し上げます。 

2011年3月16日
株式会社ヒューマン・クオリティー 樋口ユミ
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。