FC2ブログ

いじめ自殺訴訟:国に8015万円賠償命じる

「05年に自殺した航空自衛隊所属の男性3等空曹(当時29歳)の
遺族が「先輩隊員のいじめが自殺の原因」として、国と当時の先輩
隊員に約1億1100万円の賠償を求めた訴訟で、静岡地裁浜松支
部は11日、国に約8015万円の支払いを命じた。
 
裁判長は判決理由で「先輩隊員の言動と自殺には因果関係がある」と
述べた。

 自殺原因を巡り国は「私生活の問題で精神的負担があった」と争った
が、判決は「精神疾患につながるような問題ではない」と退け、先輩
隊員の違法ないじめが原因と判断。
 公務員が職務で損害を与えた場合に関する国家賠償法に基づき、国の
みに賠償を命じた。
 先輩隊員への請求は同法により棄却した。遺族側は上司らが安全配慮
義務を怠ったとも主張したが、判決は「精神疾患発症や自殺は予見で
きなかった」と退けた。

 判決によると、先輩隊員は3等空曹に暴行や暴言を伴う指導を繰り返
し、身分証明書を半強制的に取り上げるなどした。3等空曹は05年
秋ごろまでに適応障害を起こし、同年11月に自殺した。

(毎日新聞 2011年7月12日)」


先輩-後輩の間柄で起きたいじめに関わる判決です。パワハラは上司-部下
の関係に注目が集まりがちですが、実際には先輩-後輩、正社員-非正規
社員、派遣社員などキャリアや立場が違う者同士で起きるケースも多いのも
実情です。
誰もが被害者にも加害者にもなりえる、職場の一人ひとりが「働きやすい
職場づくり」を考えていくことが大切でしょう。
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR