スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシュアル・ハラスメント:労災認定基準の見直し

精神障害の労災請求件数が大幅に増加し、その事案の審査が
長期化する中で、精神疾患の労災認定の迅速化と基準の直し
が進められていました。

2011年12月26日に通達が出され新しい認定基準が設けられま
した。

業務起因性を判断する要件としては下記が掲げられています。

1)発病の時期や疾患について明確な医学的判断があること
2)発病の前おおむね「6ケ月の間」に、業務による強い心
  理的負荷が認められること

業務による強い心理的負荷はどの程度あるかについては
「業務による心理的負荷評価表」が指標となります。
「強」、「中」、「弱」の3段階があり、今回の見直しでわ
かりやすく具体化されました。
 
■セクシュアルハラスメントについては、”独立した項目”
として具体化されました。
性的な発言のみのセクハラであっても、継続して行われ、
会社が把握していても対応や改善されなかった場合も「強」
として判断されます。

評価期間の例外として、セクシュアルハラスメントやいじめ
が発病前6ケ月以前から続いている場合、行為が始まった時
点から評価されることになりました。

■長時間労働についても時間数が具体的に掲げられています。

たとえば転勤して新たな業務に従事し、その後月100時間
程度の時間外労働を行った場合は「強」とする、など。

■セクシュアルハラスメントについて、社内教育などの啓発
活動がしっかりされているか、相談窓口の設置・対応の強化
を改めて体制を見直してみましょう。

<詳しくは厚生労働省のHPにてご確認ください>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001u5d4.html
スポンサーサイト
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。