行政によるパワハラ対策の強化

職場のいじめ・嫌がらせ、パワーハラスメント問題の増
加や、それらを原因とした精神障害の労災認定件数の
増加等をふまえ、厚生労働省は職場のパワーハラスメ
ント対策を推進するとして、今春に新たな通達を発出し
ました(H26年4月3日付「職場のパワーハラスメント対
策の推進について」の一部改正について(地発0403第
1号、基発0403第2号))。

今後は厚生労働省と各都道府県労働局、地方公共団
体との間で協力をしながら、対策が推進されることとなり、
指導監督の強化も予想されています。

企業においても社内での相談窓口整備や研修実施など、
これまで以上に具体的な対策が求められることとなりま
す。
この対策は企業における対応とも重なる内容ですので、
参考としながら、具体的な対応を進めていく必要がある
でしょう。

<行政が推進していく対応>

・HPや周知用資料を活用して積極的に周知啓発を図る
・集団指導の実施
 全国安全週間(7月)、全国労働衛生週間(10月)の
機会も利用する
・各種会合で説明をする
 特に説明ではトップに出席を求める
・相談対応について紹介をする
スポンサーサイト
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR