スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SNSに要注意」LINEに関わる処分

『新人警官へのパワーハラスメントを繰り返したとして
県警は40代の男性警部補ら9人を停職1カ月の懲戒
処分などにしました。警部補と30代の男性巡査部長
は同日、依願退職しました。

警部補らは昨年4月、歓迎会の席で新人の20代の男
性巡査を後ろから押さえつけ、熱い鍋料理の豆腐や野
菜を顔に押しつけたり、コンロで熱したトングを右手に
押し当てたりしました。このほか8月までの間、10回ほ
どの暴力行為があったとのことです。

9人は「(携帯電話の無料通話アプリの)LINE(ライン)
のグループへの誘いを拒んだのがきっかけだった」
「反応が面白くて続けてしまった」などと話しています。
県警の首席監察官は「幼稚ないじめの構図だ。今後、
より一層パワハラ防止の意識改革に取り組む」と話し
ています。』
※参考資料:朝日新聞2015年1月23日等より

暴力行為は問題外ですが、今回はSNSについて考
えてまいります。
さて、この時期は新入社員の入社や人の異動など、
人との関係性を築く時期でもあります。

SNS(LINEやFacebook等)は【簡単に】人とつな
がることができますが、職場の仲間同士のSNSの
やり取りは仕事とプライベートとが混同しやすく、
それをいやだと感じる人もいます。

職場の同僚同士でSNSをすることを規制すること
は難しいですが、相手のことを考えずに一方的に
押し付ければ、ソーシャルネットワークハラスメン
トとなってしまうことも理解する必要があるでしょう。

【簡単に】できるツールとしては、携帯電話のショー
トメールも同じです。パソコンは社外に持ち出せな
いかもしれませんが、携帯のショートメールなら、
いつでも連絡ができます。深夜に上司からショート
メールで指示や確認が始終来て眠れない。そんな
ご相談を受けたこともあります。

コミュニケーションは【簡単、安易】に走らず、丁寧
に行うことを皆様に理解していただくことが大切で
しょう。
スポンサーサイト
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。