FC2ブログ

厚労省が「職場のパワーハラスメント」の定義を発表

■厚生労働省は1月30日職場における「パワーハラスメント」
の定義を発表しました。パワーハラスメントの対象には、
上司から部下への行為だけでなく、同僚間や部下から上司へ
の行為も含まれます。

報告書では、パワーハラスメントに当たる具体的な行為を6つの
類型に分けて提示しています。

1)<身体的な攻撃> 暴行・傷害
2)<精神的な攻撃> 脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言 
3)<人間関係からの切り離し> 隔離・仲間外し・無視
4)<過大な要求>  業務上明らかに不要なことや遂行不可能
なことの強制、仕事の妨害 
5)<過小な要求>  業務上の合理性なく、能力や経験とかけ
離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6)<個の侵害>   私的なことに過度に立ち入ること 

職場でのいじめやパワーハラスメントが近年の社会問題として顕
在化していることを受け、厚生労働省では本格的なワーキング・
グループを立ち上げ、パワーハラスメントの現状や解決策につい
て議論していました。

報告書にはこのほか、職場のパワーハラスメントの現状とその影
響、企業や組織に求める予防や解決策などがまとめられています。

今後「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」では、
3月をめどに問題の予防や解決に向けた提言が取りまとめられます
のでこれからも注目していく必要があります。

■詳しくは厚生労働省のHPをご覧ください。

http://k.d.combzmail.jp/t/4u0q/b0q5i6u0wjmrib8ogdxhO

■職場のパワーハラスメントについては、一方業務上必要な範囲
がどこまでか判断が難しいこと、組織や企業によって風土や求め
られるものも違い、各企業や組織での議論を報告書でも求めてい
ます。社内でパワハラについて考え方を整理をして、組織にあっ
た防止啓発を進めていきましょう。

スポンサーサイト



プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR