パワハラ対策導入マニュアル第2版が発表されています(厚生労働省)

本年7月、厚生労働省より、
「パワーハラスメント対策導入マニュアル」(第2版)が発表になりました。

このマニュアルは、職場のパワハラの予防・解決に向けた取組の推進のため、
作成されたものです。昨年5月の初版では、企業がパワハラ対策に取り組む際の
モデルプランとして、以下の7つの手順が示されました。

 【モデルプランの内容】
 1.企業トップからのメッセージの発信
 2.ガイドラインや就業規則などの社内ルールの作成
 3.従業員アンケートによるパワハラの実態把握
 4.管理職研修・従業員研修の実施
 5.会社の方針についての社内周知
 6.相談窓口や対応責任者を決めるなどの相談・解決の場の設置
 7.行為者に対する再発防止研修


今回の第2版では、従業員からパワハラについて相談があった場合の
対応方法が新たに盛り込まれました。そのポイントは以下の通りです。

 【社内相談窓口の設置と運用のポイント】
 1.相談窓口の設置
 2.相談窓口(一次対応)
 3.事実関係の確認
 4.行為者・相談者へのとるべき措置の検討
 5.行為者・相談者へのフォローアップ
 6.再発防止策の検討


このマニュアルには、従業員アンケート調査のひな形や、研修用資料、
パワハラ相談対応者が使える相談記録票など、参考資料も収録されています。

パワハラ対策を推進するにあって、迷うことがあったら、
ぜひ参考になさってください。

 (参考サイト) http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000128935.html
スポンサーサイト
プロフィール

ヒューマンクオリティー

Author:ヒューマンクオリティー
樋口ユミ
(株)ヒューマン・クオリティー代表取締役

ハラスメント防止対策の専門機関としてあらゆる企業・団体・教育機関に対して防止対策コンサルティングや教育研修、カウンセリングを行う。
産業カウンセラー・米国GCDF-
Japanキャリアカウンセラー

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR